本文へスキップ

Y flat

神奈川県藤沢市
RC造5階建
延床面積460.2u
2006年2月竣工


撮影:阿野太一

共同設計:
aoydesign


巷に溢れるワンルームマンションは「広さと快適さを比例させた」計画である。つまり狭いことを理由に快適さはないがしろにされてきた。友人を迎えるはずの玄関は脱衣室であり、キッチンでさえあった。独立した生活に必要な広さは人それぞれ違っていても快適さは誰もが求めるものである。 人を迎えられるダイニング、料理可能なキッチン、あかるく使いやすい水回り、物が溢れないための収納、室外機のないバルコニー・・。この物件で実現したことは全てあたりまえなことである。コンパクトかつ快適なライフスタイルが可能な物件として計画した。大きな開口部をもつ西側の部屋から天気の良い日は富士山が見える。バルコニーに面した浴室からも味わうことが出来る。トイレや洗面シンクを浴室につけるようなことをせず、快適な水回りを心がけた。素材、仕様などのグレードアップなどせず、間取りのみで上質なワンルームマンションを実現できている。

magazine
TITLE 2006年4月号 掲載
LiVES 2006 APR.&MAY. p105掲載  

バナースペース