本文へスキップ

東玉川の家

東京都世田谷区
木造2階建
延床面積86.68u
2015年3月竣工


撮影:
藤井浩司/Nacasa&Partners


限られた広さの敷地に関わらず、周囲は開けている。建物を整形に建てるために車は縦列に停めることとした。建物横から玄関に入る長めのアプローチを確保した。1階は階段を中心に個室、水まわりが配置され、2階に上がるとワークスペース、リビング、ダイニングと居場所がらせん状に上がっていく。各スペースが緩やかに繋がっているため狭さを感じることは無い。2階の中心には階段状の光庭を配置しLDKに光を落とし、風を通す。階段状の光庭は道路、隣地からの視線も気にせずくつろげ、物干しも可能となる。1階の子ども部屋は防犯上不安とのことで、窓に手が届かないように床下収納の上の半階上がった高さに配した。それで自然とスキップフロアを採用することとなった。

magazine
住まいの設計 扶桑社 2018年3,4月号 掲載
建築知識 エクスナレッジ 2015年10月号 掲載
REAL KITCHEN SEASON4  小学館 2015年11月 掲載
WEB
SUUMO ジャーナル
OZONE 家づくりストーリー




バナースペース